自動販売機設置で潤う地域【メンテナンスや点検も大切】

自販機の設置方法

黄色い自販機

フルオペレータータイプとは

自販機の設置方法としてはまず「フルオペレータータイプ」と呼ばれる、土地だけを業者に貸す方法です。缶ジュースなどの自販機は、ドリンクメーカーが運営するのが一般的です。このドリンクメーカーに土地を貸し出すだけでOKで、飲料の補充などメンテナンスは全て業者が行います。電気代だけは支払う必要がありますが、売上の約20%がマージンとして手に入ります。電気代の目安は月3,000〜5,000円程度です。よく売れる場所に設置していれば、電気代をカバーしても余るほどの副収入となるでしょう。大手ドリンクメーカーのWEBサイトには、設置の流れや事例が載せられています。よく読んで検討してみると良いでしょう。

セミオペレータータイプとは

もっと売上を伸ばしたい場合は、「セミオペレーションタイプ」が良いでしょう。自販機自体を購入、もしくはリースして、自分で仕入れなどの管理を行う方法です。品揃えや価格を自分で決めることができるため、ビジネスをしている実感があるのはこちらの方法でしょう。商品の売り上げは100%自分の手元に入ります。ゴミ処理などの手間はかかり、初期費用もフルオペレータータイプよりはかかりますが、うまく運用できるようになれば、こちらのほうが手元に入るお金は大きいはずです。ビジネスに慣れるまでは、フルオペレータータイプで雰囲気や売れ行きをつかみ、良い感触があれば、セミオペレータータイプに切り替えるのも良いでしょう。自販機業者に相談してみましょう。