自動販売機設置で潤う地域【メンテナンスや点検も大切】

種類ごとの注意点と利点

タバコの自販機

自販機の設置には、副業に最適というイメージがある一方で手間がかかるのではないかというネガティブなイメージを持つ人もいます。しかし、自販機の設置で手間がかかるかどうかは、自動販売機のタイプと利用する業者によって決まります。まず、自動販売機には2種類の設置方法があります。それは、フルオペレータータイプとセミオペレータータイプです。前者の場合、ドリンクメーカーと契約を組みます。そして、ドリンクメーカーによって、商品のラインナップ選定や仕入れ、補充、売上金の計算などの管理が行われます。メーカースタッフが頻繁に自販機のメンテンスもしてくれるので、契約者は何もしなくてよいのです。自販機設置の際にかかる電気料金を支払うだけで、販売手数料を得ることが出来ます。手間がかかるのは嫌だと考える場合、フルオペレータータイプの自販機を設置して副業を行なうとよいでしょう。

また、手間がかかっても良いから沢山の利益を生み出したいと考える場合は、セミオペレータータイプが最適です。自身で商品の仕入れを行なうことができるので、格安で仕入れた商品を販売すればその分の利益を生むことが可能です。しかし、利用する客の好みや需要を把握して商品の補充を行う必要があります。また、賞味期限の確認なども自身で調べて破棄をしなくてはいけません。また、自販機周辺にゴミ箱を設置して掃除をする必要があります。大きな利益を生むことができる一方このような手間が生じるということを知っておくとよいでしょう。